私たち創伸は、古くから受け継がれてきた宮大工の技術を継承した匠の集団です。
土壁や木組みの柔軟性を生かした古来より受け継ぐ『伝統構法』、
金物、筋交いを使う『在来工法』など様々な熟練の建築技術を現代社会に融合した和モダンアートとして創造します。



『ふるさとの木』つまり県産材を使うことで風土に適した優れた耐久性の住宅が生まれます。

一般的にほとんどの工務店では、製材所で加工された角材を仕入れています。私たち創伸は、県産材を信頼できる林業家へ直接依頼してできるだけ山で木を買うようにしています。本当に良い県産材は原木で購入しなければわかりません。私たちは自信を持ってお客様におすすめできる県産材で建築をしています。



私たちが一番大切にしているのは、あなたのライフスタイルとご要望に合った建物をご提案すること。そしてあなたがこれからご家族と過ごす、穏やかな生活の空間を提供することです。

私たちの設計の仕事は、まずあなたのお話をじっくり聴くことからはじまります。そこから見えてくるあなたのライフスタイルや価値観を
読み取り、建物の中にそれを織り込みます。